ぎっくり首原因

ぎっくり首原因について

普通に生活していても突然起こってしまう炎症。

 

 

ぎっくり首で珍しいケースがあります。

 

 

一般的な原因を知っおくことも重要ですが、
稀なケースも知っておいて備えるようにしましょう。

首の関節の数が違う?

ぎっくり首の別名は「寝違え」ですが、
その原因は、

  • 疲れ
  • ストレス
  • 運動不足

等、さまざまなものがあります。

 

 

これらの要因と重なって、
突然くしゃみをしたり、ちょっとへんな格好で寝てしまったリした時に、
首がゆっくりと衝撃を受けて、発症してしまうのです。

 

 

いつもと違う環境で眠るときや、
気温が急に変化したときなあどは注意が必要です。

 

 

季節の変わり目などでは、
かなり発生率が上がると考えてください。

 

 

めずらしいケースと言っても、
発症した後の症状は通常とはあまり変わることはありませんが、

 

首の関節が7個のところ、普通の人より関節の数が多いという原因で、
首を維持することに、負担がかかっているという人もいます。

 

 

この点は、自分では把握することが難しいのですが、
定期的にぎっくり首になってしまう場合ではこういった原因も考えられます。

 

スポンサード リンク

 

 

 

原因がかなり、珍しいことなのですが、人によっては、
身体のどこかが首に負担をかけやすく、ぎっくり首になりやすい特徴をもっている人もいます。

 

 

つまりは、足や手、肩や背中などの
全く別の部分と連動的になってしまっているという事です。

 

 

この場合、どちらが先に痛みを感じても
相互的に作用しあってしまい悪循環を引き起こしかねません。

 

 

それは精神的にもとても深刻な状態であると言えます。

 

 

身体は、全て密接なバランス関係で成り立っています。

 

 

それは、何らかの理由で病院に行って医師の診断を受けたときに、
初めて判明するといったものです。

 

 

普段から、寝違いになりやすいと感じている人は、
一度医師に相談して、何か他に身体的な理由があるのかをチェックするのもひとつです。

 

 

一過性のものであると、軽く考えてしまう事のないよう、
こういった可能性も視野に入れておきましょう。

 

 

今、首以外に、おかしな部分はありませんか?

 

もう一度把握しなおしてみましょう。

スポンサード リンク

 

 

ぎっくり首原因〜珍しいケース関連ページ

ぎっくり首
ぎっくり首について説明します。関連(腰,寝違え,炎症,姿勢)
【ぎっくり首対処法】での注意点
ぎっくり首対処法での重要な注意点について説明。関連テーマ(腰,消炎鎮痛薬,筋弛緩薬,炎症)
自分で可能な【ぎっくり首の治し方】とは?
ぎっくり首症状|【この痛み】があったら要注意
具体的な最新治療とは?

ぎっくり腰になったら?〜関連記事 軽いぎっくり腰〜関連記事 ぎっくり背中〜関連記事 ぎっくり首〜専門記事 腰痛トレーニング関連記事