大腰筋腰痛について説明

大腰筋腰痛とは?

多くの場合、
腰痛は骨格がゆがんでいるために発症するものではないか…と、
認識されている方も多いようです。

 

 

確かに身体は全てのパーツのバランスで成り立っていますから、
あながち外れでもありません。

 

 

しかしながら、
実際のところ、腰痛の原因の多くは大腰筋にあります。

大腰筋が原因の腰痛

大腰筋が原因となる
腰痛を筋性腰痛と呼んでいますが、
実は8割以上の腰痛はこれにあてはまるのです。

 

 

 

2足歩行を行っている人間にとって、
この大腰筋は非常に重要な筋肉です。

 

 

腰骨である腰椎から足の付け根にかけて伸びている筋肉が大腰筋で、
立ったり歩いたりする…

 

 

つまり、
基本的な人間の運動では最も重要な筋肉の1つであるといえます。

 

 

これがなくなってしまっては、
ほとんどの柔軟な動きが不可能になってしまいます。

 

 

その為、常に柔らかい状態であることが大切な部分でもあるのです。

 

 

実は、この大腰筋が柔軟性を失ってしまったときに、
可動範囲が狭くなってしまい、
ちょっと動かしただけで、痛みを感じてしまうのです。

 

 

この痛みこそが腰痛であると言えます。

 

 

硬くなってしまった大腰筋の問題なのです。

 

どの部分であっても
固まってしまうというのは問題です。

 

スポンサード リンク

 

 

 

筋肉が凝り固まってしまうときに
腰痛は引き起こされやすくなります。

 

 

例えばそれは、
長時間にわたって同じ姿勢をとり続けているときや、
猫背である場合などが当てはまります。

 

 

猫背は、意外と重大な問題であったりします。

 

 

長期的視点で考えると、
身体の構成に多大な悪影響を及ぼすからです。

 

 

きちんとした姿勢や、ストレッチなどで
大腰筋の柔軟性を保つことが腰痛の改善につながるのです。

 

 

ぎっくりに当てはめると、分かり易いでしょう。

 

 

重いものを突然持った場合などであっても、
確かに発症することはあります。

 

 

ですが、多くの場合、
同じ姿勢からの急激な動きが原因になっているのです。

 

 

固まってしまった腰の状態を作らない。

 

これが腰痛予防の最重要ポイントだと言っても過言ではないでしょう。

スポンサード リンク

 

 


ぎっくり腰になったら?〜関連記事 軽いぎっくり腰〜関連記事 ぎっくり背中〜関連記事 ぎっくり首〜専門記事 腰痛トレーニング関連記事