ぎっくり腰 治療

ぎっくり腰の治療

ちょっとしたことがきっかけで
急に襲ってくるぎっくり腰。

 

 

たとえ、重いものをもったり過労働をしなくて
も瞬間的に起きてしまいます。

 

 

本格的な治療法には、どんなことが重要になってくるのでしょう。

治療での行動や栄養

くれぐれも
固定された体制からの急な動きでは注意です。

 

 

足などの「捻挫」や「足がつる」「肉離れ」
などに近い状態で起こると言っても良いかもしれません。

 

 

筋膜に関連していると言えます。

 

 

突然の動きには、
何においても問題が起こることが少なくないです。

 

 

車の急発進や急ブレーキと同じイメージです。

 

 

急激な負荷というよりは、
長時間の固定からの急激な動きに問題があるのです。

 

この視点が治療においても重要です。

 

 

長時間の作業などでは、
こういった視点を常に持つように心がけましょう。

 

 

 

では、具体的な治療法についてです。

 

 

その治療は基本的に
日にち薬しかないとも言われていますが、
その日にちを少しでも短くできると良いですね。

 

 

この場合、
ぎっくり腰の治療
というより注意点といった方が妥当かもしれませが、

 

 

2,3日はお風呂へは入らない方が良いでしょう。

 

 

炎症をおこしている箇所を温めてしまうのは良くありませんので、
痛みが引くまではなるべく冷やす
ようにしてください。

 

 

患部だけを冷やし、
その他の腰部分は冷やさないようにしましょう。

 

 

一説では、温めるべきだという事も言われていますが、
そこらへんについては別記事で説明します。

 

スポンサード リンク

 

 

 

次に、
ぎっくり腰になってから3日間ぐらいは
できるだけ寝ている方が早く回復します。

 

 

少なくと3日と考えてください。
あくまで痛みの流れに合わせるようにしましょう。

 

 

寝返りもなるべく我慢しましょう。

 

 

一番楽な姿勢で横になって負担をかけないよう注意します。

 

 

その後も1週間ぐらいは安静にし、
腰に負担のかかることは避けるようにしましょう。

 

 

ほぼ完全に痛みが取れるまでには約1ヶ月
かかると思ってください。

 

 

全く痛みがひかない、発熱・発汗があるケースでは、
早めの受診が必要
です。

 

 

また、食べることで治療できる方法もあります。

 

 

食事は全ての体内現象の源であうから、
こういった視点でも治療は可能であると考えられます。

 

 

それは関節の軟部組織修復に効果があると言われている

ビタミンC
コンドロイチン
グルコサミン

などを積極的に摂ることです。

 

 

食事などで十分に摂取できない場合は、
サプリなどで取り入れるのも良いでしょう。

 

 

カイロプラクティックでの
代替医療も有効とされています。

 

 

再発のリスクを減らすには、
患部への負担を重ねないことです。

 

心因性の腰負担という事もありうるので注意が必要です。

スポンサード リンク

 

 

ぎっくり腰 治療関連ページ

ぎっくり腰とは?意外と知られていない真実
ぎっくり腰とは、そもそも何でしょう?意外と知られていない真実とは?関連(急性,腰痛症,激痛,魔女)
応急処置
ぎっくり腰の応急処置について。関連(処置,冷やす,マッサージ)
日本で一番多い【ぎっくり原因】
治し方
ぎっくり腰の治し方・治療・再発防止策について。関連(魔女,一撃,負担,負担)
ぎっくり腰完治までの期間(目安)
ぎっくり腰の続く期間について説明します。関連(冷やす,2〜3日,治療)
病院へ!その際の注意点とは?
ぎっくり腰の【湿布選び】で大切な事
ええ?ぎっくり腰になったら【温める】方が良い?
ぎっくり腰になったら   【風呂】は、いつから入れる?
病気だとしたら、何?
ぎっくり腰で【仕事】はどうなる?
仕事で避けるべき動きや姿勢とは?
ぎっくり腰になったら仕事を行う際に気をつけなくてはならない仕草や動きがあります。
ぎっくり腰になってからの【寝方】〜知っておくべき事
【安静期間が長引く】場合とは?
ぎっくり腰になってからの【歩き方】で最も大切な事
ぎっくりでの【吐き気の危険性】とは?

ぎっくり腰になったら?〜関連記事 軽いぎっくり腰〜関連記事 ぎっくり背中〜関連記事 ぎっくり首〜専門記事 腰痛トレーニング関連記事