ぎっくり腰原因〜日本で一番多い原因

ぎっくり腰原因について

日本人が会社を休む最も多い理由は
腰痛と言われています。

 

 

その中にぎっくり腰がありますが、
日本人の何が原因かといえば、
いくつか典型的な理由があるようです。

日本人の腰痛理由

それらは、

「姿勢が悪い」
「過激な仕事」
「ストレス」
「運動不足」
です。

 

日本人ならではの原因とも言える部分ですね。

 

 

これらを聞いて、
何か自分に思いあたることはありませんか?

 

 

ぎっくり腰は、ある日突然、ある瞬間に発症してしまいますが、
それは日頃のこういった原因が毎日積み重なって起こることになります。

 

 

腰痛のほとんどは、
蓄積型であると考えても良いでしょう。

 

 

軽いぎっくり腰になった場合でも同じです。

 

 

知らず知らずのうちに、
頑張りすぎてしまう日本人の特徴的腰痛とも言えます。

 

 

無理していることに気づかない、、、
という点がもっとも危険な部分です。

 

気づけない。。。

 

これはもっとも厄介です。

 

 

どんな問題であっても気づけない状態では、
深刻化は免れません。

 

スポンサード リンク

 

 

 

そう考えると、これらの原因をまず解消することから始めることで、
ぎっくり腰やその他の腰痛も少し軽減できるきっかけになるのではないかと思われます。

 

 

病気を治すには、まず原因を知ることから始めます。

 

 

それによって、解決になることを積極的に行ってゆきましょう。

 

 

当然ながら、

  • 「姿勢を意識して正す」
  • 「仕事を手加減する」
  • 「ストレス解消を積極的に行う」
  • 「運動不足の解消」
等、考えてゆきます。

 

 

姿勢はちょっと意識するとかなり変わります。

 

 

仕事も少し軽減するように、
上司に相談したり、ストレス解消をお酒等に求めずに、
何か本当にくつろげるものを考えたり、運動もただ歩くだけでも、
ぎっくり腰に襲われる可能性がかなり変化するのです。

 

 

何気ない習慣の変化で、腰痛のほとんどが予防することが可能になってきます。

 

 

再発を防ぐ意味でも、その場しのぎの治療だけではなく、
生活習慣の根本から見直してゆくことも大切だという事ですね。

 

 

習慣の変化は、
何よりも体への変化を引き起こします。

 

 

原因を知り、それを排除できるように
習慣を変更することが大切です。

スポンサード リンク

 

 

ぎっくり腰原因〜日本で一番多い原因関連ページ

ぎっくり腰とは?意外と知られていない真実
ぎっくり腰とは、そもそも何でしょう?意外と知られていない真実とは?関連(急性,腰痛症,激痛,魔女)
応急処置
ぎっくり腰の応急処置について。関連(処置,冷やす,マッサージ)
治し方
ぎっくり腰の治し方・治療・再発防止策について。関連(魔女,一撃,負担,負担)
治療法
ぎっくり腰の治療について。関連(風呂,食事,寝ている,冷やす)
ぎっくり腰完治までの期間(目安)
ぎっくり腰の続く期間について説明します。関連(冷やす,2〜3日,治療)
病院へ!その際の注意点とは?
ぎっくり腰の【湿布選び】で大切な事
ええ?ぎっくり腰になったら【温める】方が良い?
ぎっくり腰になったら   【風呂】は、いつから入れる?
病気だとしたら、何?
ぎっくり腰で【仕事】はどうなる?
仕事で避けるべき動きや姿勢とは?
ぎっくり腰になったら仕事を行う際に気をつけなくてはならない仕草や動きがあります。
ぎっくり腰になってからの【寝方】〜知っておくべき事
【安静期間が長引く】場合とは?
ぎっくり腰になってからの【歩き方】で最も大切な事
ぎっくりでの【吐き気の危険性】とは?

ぎっくり腰になったら?〜関連記事 軽いぎっくり腰〜関連記事 ぎっくり背中〜関連記事 ぎっくり首〜専門記事 腰痛トレーニング関連記事