ぎっくり腰安静期間が長引いてしまうケースとは?

ぎっくり腰安静期間について

ぎっくり腰になって、痛みがあまりにひどい場合、
安静にしていることが一番だといわれます。

 

 

当然のことと思われますが、
これがなかなかできない事が多いとされています。

 

 

日常生活で突然、数日間安静にしろと言われても、
なかなかシガラミがあって簡単にできるモノではありません。

 

 

そして、厄介な事に
年齢的にも、男女の区別なしに、
ぎっくり腰はどんな人でも発症する可能性があります。

動いては行けない期間

人によって、
安静期間によっては生活に支障をきたすこともあるでしょう。

 

 

特に普段から、
大変忙しく生活しているビジネスマンにとっては、
かなりの痛手となるでしょう。

 

 

ですが、うまくフォローしてもらい
安静期間をしっかり作らなくてはならないのです。

 

 

この視点は大切です。

 

 

まず確認することは、日を追うごとに痛みが軽くなってくれば、
単にぎっくり腰。

 

 

何日か安静期間を設けていると自然治癒してくるという事。

 

 

あるいは、人によっては安静期間が
2週間くらいかかることもありますが、
必ず回復するという事。

 

 

この点を理解した上で、
きちんとフォローしてもらうことが大切です。

 

 

割り切った上で、頼る事も必要だということです。
それほど重大な問題であると考えてください。

 

 

腰はすべての行動の要です。

 

スポンサード リンク

 

 

 

しかし、対処の仕方によっては、
長引くケースもあります。

 

 

それは、
一時的に痛み止めで、
ぎっくり腰の痛さを止めていて、止まっている間に無理をすること

です。

 

 

注射等を打って、
痛みの自覚症状がないことで、
そのまま無理な行動をとっていると、
回復に時間がかかる場合もあります。

 

 

痛みは感じずとも、
患部の炎症は悪化している場合が多いのです。

 

これが一番厄介な状況だと言えます。

 

 

仕事をしている以上、
無理してでもやらなくてはならない事もあるでしょう。

 

 

また、この状態では一度回復しても、
一度なると再発する可能性は高いですから、
毎日の生活の中で姿勢等で気をつけていないと、
すぐにまたぎっくり腰になることもあります。

 

 

そうなると治療しても、長引く可能性は十分考えられます。

 

 

仕事とのバランスは、超重要課題になってしまいますが、
できれば痛み止めを使わず、痛いままで腰を労わりながらの方が、
将来的には、まだ安心であると言えます。

 

 

ごまかして、炎症を慢性化させる、、、
というのが最も注意すべき点です。

スポンサード リンク

 

 

ぎっくり腰安静期間が長引いてしまうケースとは?関連ページ

ぎっくり腰とは?意外と知られていない真実
ぎっくり腰とは、そもそも何でしょう?意外と知られていない真実とは?関連(急性,腰痛症,激痛,魔女)
応急処置
ぎっくり腰の応急処置について。関連(処置,冷やす,マッサージ)
日本で一番多い【ぎっくり原因】
治し方
ぎっくり腰の治し方・治療・再発防止策について。関連(魔女,一撃,負担,負担)
治療法
ぎっくり腰の治療について。関連(風呂,食事,寝ている,冷やす)
ぎっくり腰完治までの期間(目安)
ぎっくり腰の続く期間について説明します。関連(冷やす,2〜3日,治療)
病院へ!その際の注意点とは?
ぎっくり腰の【湿布選び】で大切な事
ええ?ぎっくり腰になったら【温める】方が良い?
ぎっくり腰になったら   【風呂】は、いつから入れる?
病気だとしたら、何?
ぎっくり腰で【仕事】はどうなる?
仕事で避けるべき動きや姿勢とは?
ぎっくり腰になったら仕事を行う際に気をつけなくてはならない仕草や動きがあります。
ぎっくり腰になってからの【寝方】〜知っておくべき事
ぎっくり腰になってからの【歩き方】で最も大切な事
ぎっくりでの【吐き気の危険性】とは?

ぎっくり腰になったら?〜関連記事 軽いぎっくり腰〜関連記事 ぎっくり背中〜関連記事 ぎっくり首〜専門記事 腰痛トレーニング関連記事