ぎっくり腰寝方

ぎっくり腰寝方について

普段から腰痛に悩まされている人はわかりますが、
ぎっくり腰になると、
寝方にも気を配らなければなりません。

 

 

通常の寝方の注意とは
意識的に違う点が多いです。

痛みが治まってきてからの寝方

そもそも動けない、、、
という点もありますが、
重要なのは痛みが治まってきてからであったりします。

 

 

ぎっくり腰になったら、
まずやることは安静にすることが一番ですね。

 

 

また、座っていて静かにしているよりも、
腰になるべく負担をかけないように、寝て過ごすことが重要です。

 

 

ただし、ぎっくり腰になった後の寝方を間違えると、
症状がもっと悪化してしまいます。

 

 

どの状態で過ごすにしても
常に姿勢に対してシビアに考えて過ごすことが重要です。

 

 

まず寝方のことを話す前に、布団やベッドですが、
堅めのほうが腰を痛めません。

 

 

やわらかいとかえって、
重力がかかり、腰に負担になってきます。

 

 

普通に考えると柔らかい方が、
腰に優しいイメージがあるかと思います。

 

 

ですが、妙な曲がり方を長時間する可能性があるため、
危険とされているのです。

 

スポンサード リンク

 

 

 

また、厚めの布団は、
寝たときに腰が曲がった状態になるので、薄めの布団がよいのです。

 

 

そして、次に寝方ですが、
うつ伏せまたは横向きに寝るほうがいいでしょう。

 

 

仰向けは、重みが腰に負担を与えます。

 

 

うつ伏せは、腰を上にするため、
負担が軽減されますので、お勧めです。

 

 

横向きの場合は、
ぎっくり腰の痛みが少ないほうを向いて寝るようにします。

 

 

なかなか眠れないかもしれませんが、
無理に寝ようとせず、
まずは腰の痛みを解消するように安静を保つところに注力すると良いでしょう。

 

 

無理に寝てしまって、
寝返りでまた、グキっていうのも恐ろしいですからね。

 

 

また、ぎっくり腰が発症した当日は、痛みも大変激しいと思われますが、
その痛みを軽減するために、足の間にクッションを置いて、
はさむようにして寝ると、少し楽になります。

 

 

痛みをしっかりカバーできるように、
工夫して過ごすことが求められますね。

スポンサード リンク

 

 

ぎっくり腰寝方〜知っておくべき事関連ページ

ぎっくり腰とは?意外と知られていない真実
ぎっくり腰とは、そもそも何でしょう?意外と知られていない真実とは?関連(急性,腰痛症,激痛,魔女)
応急処置
ぎっくり腰の応急処置について。関連(処置,冷やす,マッサージ)
日本で一番多い【ぎっくり原因】
治し方
ぎっくり腰の治し方・治療・再発防止策について。関連(魔女,一撃,負担,負担)
治療法
ぎっくり腰の治療について。関連(風呂,食事,寝ている,冷やす)
ぎっくり腰完治までの期間(目安)
ぎっくり腰の続く期間について説明します。関連(冷やす,2〜3日,治療)
病院へ!その際の注意点とは?
ぎっくり腰の【湿布選び】で大切な事
ええ?ぎっくり腰になったら【温める】方が良い?
ぎっくり腰になったら   【風呂】は、いつから入れる?
病気だとしたら、何?
ぎっくり腰で【仕事】はどうなる?
仕事で避けるべき動きや姿勢とは?
ぎっくり腰になったら仕事を行う際に気をつけなくてはならない仕草や動きがあります。
【安静期間が長引く】場合とは?
ぎっくり腰になってからの【歩き方】で最も大切な事
ぎっくりでの【吐き気の危険性】とは?

ぎっくり腰になったら?〜関連記事 軽いぎっくり腰〜関連記事 ぎっくり背中〜関連記事 ぎっくり首〜専門記事 腰痛トレーニング関連記事