ぎっくり腰になったら温める

ぎっくり腰になったら温める?

軽いぎっくり腰になったら、
その対処方法は「冷やす」というのが
通常言われていることです。

 

 

ぎっくり腰は炎症であるので、
炎症は冷やすものとなっていますが、
最近「温める」ほうがよいと言う新説も出てきました。

本当に腰を温めていいの?

これは、今まで書いてきたこととは真逆の事になってしまいますから、
混乱してしまう方も少なくないでしょう。

 

 

一部の新説という事で、
しっかり見極めても実践としてくださいね。

 

 

それによりますと、
冷やすと確かに痛みが軽減しますが、
それはその部位の感覚が冷えによって麻痺するからだそうです。

 

 

つまり、
一時的に痛みを消していることに過ぎないと考えるようです。

 

 

麻痺してしまうことにより、
炎症が癒えたと勘違いしてしまい
行動してしまうことが悪化につながるようです。

 

 

痛み止めを使用した際の影響と同じ考え方ですね。

 

 

ある程度の時間を冷やしていれば、
炎症が治まることになりますが、
数分で治まるとは考えにくいところです。

 

 

この点を考えると、確かに一理あるかとも思います。

 

 

安静にしなくてはならない、
という視点にも合致しますね。

 

スポンサード リンク

 

 

 

もちろん、冷やしでいままでぎっくり腰になったら治った人は多いのですが、
それでも治るのに時間がかかるのと、
そのまま慢性腰痛にもなる可能性が高くなるようです。

 

 

この説によりますと、

 

ずばり
患部を温めて、自然治癒力を促し、もっと早くぎっくり腰が治る」とされています。

 

 

一般で言われるように、患部を温めることで、
確かに痛みが少し増しますが、それでも早く治すことが出来ます。

 

 

患部の温める方法は、
別に特別な方法はありません。

 

 

ぎっくり腰になったら、
すぐに患部に使い捨てカイロを下着の上から貼るだけです。

 

 

また、他の方法でも温められるのであれば、何でも良いようです。

 

 

もっともお手軽なのがカイロであるという事ですから。

 

 

ただし、痛みが気になる、我慢できない人は、
やはり冷やす方法がいいかもしれません。

 

 

または、我慢できない痛みなら、すぐ病院に行きましょう。

 

 

いづれにしても、どちらの方法でもやりすぎてはデメリットはあります。

 

 

痛みの度合いにおいて判断することが、
もっとも大切な視点になるのかもしれません。

スポンサード リンク

 

 

ぎっくり腰になったら温めるタイミングを知る関連ページ

ぎっくり腰とは?意外と知られていない真実
ぎっくり腰とは、そもそも何でしょう?意外と知られていない真実とは?関連(急性,腰痛症,激痛,魔女)
応急処置
ぎっくり腰の応急処置について。関連(処置,冷やす,マッサージ)
日本で一番多い【ぎっくり原因】
治し方
ぎっくり腰の治し方・治療・再発防止策について。関連(魔女,一撃,負担,負担)
治療法
ぎっくり腰の治療について。関連(風呂,食事,寝ている,冷やす)
ぎっくり腰完治までの期間(目安)
ぎっくり腰の続く期間について説明します。関連(冷やす,2〜3日,治療)
病院へ!その際の注意点とは?
ぎっくり腰の【湿布選び】で大切な事
ぎっくり腰になったら   【風呂】は、いつから入れる?
病気だとしたら、何?
ぎっくり腰で【仕事】はどうなる?
仕事で避けるべき動きや姿勢とは?
ぎっくり腰になったら仕事を行う際に気をつけなくてはならない仕草や動きがあります。
ぎっくり腰になってからの【寝方】〜知っておくべき事
【安静期間が長引く】場合とは?
ぎっくり腰になってからの【歩き方】で最も大切な事
ぎっくりでの【吐き気の危険性】とは?

ぎっくり腰になったら?〜関連記事 軽いぎっくり腰〜関連記事 ぎっくり背中〜関連記事 ぎっくり首〜専門記事 腰痛トレーニング関連記事